英会話力を身につけて自身の活躍の場を広げよう

自分に合ったスクールで語学を学ぶメリット

多くのスクールを知る

料金はレッスンごとに必要

いまや英会話スクールは津々浦々に普及しており、全国区のフランチャイズ校から個人経営の小さな教室まで、規模も内容もさまざまです。しかし料金システムは、多くの教室で似通っています。月謝などの定額制ではなく、1回レッスンするごとに料金がかかる方式です。レッスン料は少人数制なら3〜4千円、マンツーマンなら5〜8千円程度になることが多いようです。 この方式はレッスン時間を自由に決められるため、忙しいビジネスマンなどに向いています。またしっかり勉強したい人は時間を多めに、とりあえず試してみたい人は少なめにするなど、目的に応じてレッスンを受けることができます。ただしレッスン料は基本的に前払いなので、無駄にならないよう学習計画を立てる必要があります。

幅広い職業や年齢の人が利用

英会話学校は明治時代には既に存在しましたが、今日のような形の英会話スクールは、1980年代から急に増えたと言われています。誰でも海外旅行ができるようになったこと、海外から出稼ぎに来る労働者が増えたことなどが、その一因とされています。 円高が進むとともに海外進出する企業が増え、語学力が求められるようになる一方で、M&Aにより日本企業が海外企業に買収され、上司が外国人になるケースも珍しくなくなりました。また近年ではアジア諸国の富裕層による消費が、小売業の売り上げの大きな部分を占めるようになっています。こうしたことからビジネスマンや商店主をはじめ、接客サービス業や公共機関の職員など、幅広い年齢や職業の人々が英会話スクールを利用するようになっています。